美術部

Art

週3日(月、火、金)活動
平日1.5~2時間。展覧会前は休養日も活動します。

美術室

男子 9名(3年/3名、2年/3名、1年/3名)
女子 24名(3年/7名、2年/9名、1年/8名)
※令和6年5月現在

笹原 明広、浅井 太一(東京藝術大学卒、美術非常勤講師)

・ひと月あたり1,000円。
 前期と後期に分け、6ヶ月分(6,000円)ずつを集金いたします。
 共用画材代やゲスト講師のワークショップ、
 その他必要品の購入等を主な使途としています。
・共通課題を希望される場合は、課題の材料代として、
 別途で年間2,000円を集金いたします。

・スケッチブック
・それぞれの制作に必要な描画材(部の共有画材で取り扱っていない場合)
・作業着
・大作用の画材等 

美術館にて作品鑑賞、動物園・博物館などへの取材課題を予定(日帰り)
展覧会搬出入、展示当番(日帰り)

部の特徴:
・自由に表現する事が好きな仲間が集い、美(しい)術を磨く為、日々制作を頑張っています!
・デッサン・油絵・水彩・アクリル画などの絵画、彫刻、デザイン、工芸をはじめ、刺繍、アクセサリー、漫画など‥表現は多岐にわたります。
 ひとりひとりが潜在的に持っている感性や能力を引き出し、やってみたいこと
・好きなことを見つけ、挑戦できるように共通課題と自由制作の選択制にしています。
 (展覧会等に出展する作品を制作する期間では、全員が自由制作になります。)
・共通課題では、美術造形表現の根幹である「絵を描くこと」から、様々な表現を紹介、隔週程度で講座を開きます。
 造形理解、描写力や表現力、描画材や素材の理解、着想するイメージの展開
・再現の向上などを目的とした基礎的な課題に取り組みます。
・自由制作では、作品について自身が持つイメージや描画材の選択、サイズなどを話し合い、自由に制作します。進捗に合わせて講評・指導します。

目標:
・高等学校総合文化祭全国大会出品。

目指す人物像:
・美しさを見極める眼を養い、自分を感性を発揮し、表現できる人になる事。

主な実績

・新世紀美術展 小作品部門 奨励賞。
・新世紀美術展 千葉支部展 教育長賞。

過去のblog記事