東葉の教育

グローバル教育

東葉高校が考えるグローバル化は、英語教育に限ったものではありません!
「なんでもやろう精神」で動くことが、グローバル教育の第一歩です。

「やってみたいな」と思える機会を、学校からは可能な限り提供するように努めます。
生徒を枠にはめることなく、
目標とするものを自ら見つけて、自ら進んでいくことを期待しています。
生徒が自ら作った境界線を越えることで、主体的に動けるようになっていくことを、
「グローバル化」と考えております。

2021年度も開催!! 夏休みを利用して1週間丸ごと英語漬け体験!!

本校では、「東葉高校 校内語学留学」と題し、
より高い4技能運用能力の習得に加え、
昨今求められてきているグローバルスキルの向上を目的とした
集中講座を実施しています。

海外語学研修先として人気が沸騰している
フィリピン・セブ島より、有名語学スクールの
プロフェッショナル講師を招いての講座となっています。

習熟度によって3つのグループに分かれ、
アウトプット活動を中心に行っています(各レッスン25分)。

最近の校内留学では、
6人だった講師陣も10人体制にパワーアップするなど、
効果を高めるプログラムには妥協はありませんでした!

英語4技能のプログラムをバランスよく配置しており、得意分野は伸ばし、不得意分野はこの機会に克服(または、克服のコツを習得)出来ます!

★2021年度の校内留学★

校内アナウンスポスター①

校内アナウンスポスター②

募集人数20名は、即日完売となりました!

ひとりでも多くの生徒に体験していただきたいため、
すぐに参加人数枠を増やしました(10名追加募集)。

30名で、今年の校内留学参加者は満員により募集を終了しました。

企画担当

校内留学担当:
菅原 直弥 
(英語科教諭)
MR. Naomi Sugahara ー

今までの校内留学の印象
● 初日は生徒もすぐに疲れていた印象でしたが、3日目には休み時間も先生(もちろん海外の方!)と
 すべて英語で会話をしていました。
● 何でもいいから発することが大事だし、それが出来る環境。 → 実際に感じて、変わる。
● 仲間の存在はとても大きいです。先生達もとても話しやすい雰囲気で、新しい発見が必ずあります。
…etc

企画担当である、菅原先生への詳しいインタビューもぜひご覧下さい!→こちら!